ヒト試料・情報を用いる研究に関する情報公開

株式会社メガカリオンは、厚生労働省・文部科学省・経済産業省「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」、文部科学省・厚生労働省「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、および「個人情報の保護に関する法律」を遵守して研究を行っています。これら倫理指針や法令の趣旨に従い、情報公開の対象となる研究について、以下の通り公開いたします。
なお、株式会社メガカリオンでは、研究対象者の方々が特定できないように匿名化されたヒト試料・情報を、第三者機関から入手し研究に用いておりますので、研究利用の中止を希望される場合は、受診された医療機関等へご相談ください。

課題番号1

課題名 iPS細胞由来の巨核球細胞ストック及び血小板産生に関する研究
研究期間 2014年4月1日~(終了日未定)
研究目的・利用方法 ヒトiPS細胞をもとにしてよりよい血小板製剤を作製し、患者さんに届けるため、巨核球樹立法開発、血小板製法開発、遺伝子発現解析、機能解析、品質試験、および血小板製剤の非臨床試験等を行います。
研究に用いる試料・情報の種類 ■試料/
・京都大学 iPS細胞研究所から提供を受けたHLAホモストックiPS細胞と、これらから誘導した巨核球株、血小板
・米国NIHが樹立したヒトiPS細胞と、これらから誘導した巨核球株、血小板

■情報/
遺伝子発現情報、核型・ゲノム情報、ドナー臨床情報等
試料・情報を利用する者の範囲 株式会社メガカリオン、京都大学 iPS細胞研究所、千葉大学大学院 先端研究部門、宮崎大学医学部、研究受託機関等 
研究統括責任者 株式会社メガカリオン 最高執行責任者 赤松健一

課題番号2

課題名 iPS細胞由来血小板の機能評価、特性解析による研究
研究期間 2015年4月1日~2021年3月31日
研究目的・利用方法 iPS細胞から作製した血小板の機能評価系や保存方法を確立するため、陽性対照としてヒト血液由来血小板を使用し、血小板機能を解析します。
研究に用いる試料・情報の種類 ■試料/
ヒト血液由来血小板として日本赤十字社より提供される献血血液、課題番号1に記載したヒトiPS細胞由来血小板製剤
試料・情報を利用する者の範囲 株式会社メガカリオン、慶応大学医学部、研究受託機関等
研究統括責任者 株式会社メガカリオン 最高執行責任者 赤松健一

2019年8月29日現在

pagetop